チョコレートへの想い

メゾン・ド・キタガワで使用するチョコは、有機栽培で育てられたオーガニックカカオを使っています。

平成26年にそのカカオを栽培している現地、エクアドルを訪れました。
そこで見たものは一生懸命に働いている現地のカカオ農家さん達でした。
笑顔で迎え入れてくれた農家の方々はみなさん口々にこのカカオで喜んでもらいたいから一生懸命にやっているんだよと教えてくれました。

これにすごく感銘を受けました。

エクアドル

出荷までの工程

正直、決して高いとは言えない価格で取引されるカカオをこんなにも一生懸命に作られている姿を見て、自分にもできることはないだろうかと思い悩んでいた頃にフェアトレードという取り組みに出会いました。

chocolate-line

フェアトレードとは、発展途上国で作られた作物や製品を適正な価格で購入することを継続的に行うことで、生産者の生活向上を図ろうとする運動です。これにより生産者が不当に買い叩かれたり、低賃金で働かせられることを防いでいます。

chocolate-line

良いものを育てていただいて、それを使わせていただいている立場として少しでも恩返しができればと思っています。

チョコレートへの想い